×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッシング審査のチェック項目

どのようなキャッシングでも、審査をパスしなければなりません。キャッシングの審査とはどのような項目をチェックされているのでしょう。財産や収入が多ければ審査は有利になるようなものなのでしょうか。
キャッシング審査は、銀行の融資の審査とは違い、保証人や担保がなくても、お金を借りることができます。十分な収入があっても、職業がマイナス要因となることがあります。
例えば弁護士さんなどは、高収入でも融資を受けられない場合があります。いかなるような理由でそうなるのでしょう。弁護士ならば、少なくとも収入も財産も一定レベルをクリアし返済能力に問題はないように見えます。
弁護士の場合は、法律を扱う業界の仕事をしているため、法律の事に詳しいからという理由で借りられない場合もあるようです。また、ブラックリストに名前が載っている人は、そこに名前が載っている間はどの会社からの融資も困難となります。
例えば40代の男性のキャッシング審査の基準は、収入面は勿論のこと、結婚していたり、離婚して養育費を払っている場合より、独身でいる方が審査に通りやすい場合もあるようです。独身男性の方が、収入への自由度が高いからでしょう。

キャッシング審査のすすめ方

キャッシングに申し込むと審査が行われ、借りられるか借りられないか決まる訳ですが、このキャッシング審査の流れは一体どうなっているのでしょうか。 最初に、金融会社にキャッシング審査を申し込みます。提出した必要書類の内容に基づき仮審査を行います。仮審査とは、そのお申し込み内容で貸し付け出来るかどうかの審査になります。会社勤めの年数や、年収などでキャッシング審査がされ、限度額が決められたりします。 審査の次の流れは、電話で、申込み時の内容に間違いがないか確認したり、本人確認の意味も含めて勤め先等に電話がかかってきます。本格的なキャッシング審査に入るのは、これらの作業が終わってからです。本人確認と仮審査の終了時点でキャッシング融資を開始できる会社も中にはあるようです。
それから、正式なキャッシング条件を決めるために、ブラックリストを照合したり、収入や会社を審査します。また、この時点でのキャッシング利用歴、利用状況も審査されます。以上の審査が終了するとカードが発行され審査終了です。契約書と共に郵送する場合もあります。
その後は定められた限度額の範囲でなら、カードを使って手軽にお金を借りることができます。

クレジットカードの審査基準との比較

クレジットカードとキャッシングカードを申し込む時の審査は、比較すると同一のものではありません。カードを作る時に際しては、キャッシングカードよりクレジットカードの方が審査基準が厳しい面があるといいます。基準はクレジットカードの方が厳しいですが、クレジットカードは主婦やアルバイト、パートタイマーでも申し込めます。
対して、キャッシングカードを作る時は安定した収入が求められるのでアルバイトでは審査に通らないことがあります。キャッシング系の審査では、この客は貸し倒れはないか、貸したお金は回収可能かの判断を重視します。キャッシング会社の人は、この人はきちんとお金を返してくれるだろうか、収入が無くなることはないだろうか、支払い期日は守って返済してもらえるだろうかと、自動審査だけでなく、個別に審査しているのです。 申込みをしてから、審査の結果が分かるまでは、圧倒的にキャッシング会社の方が早い場合が多いようです。申し込みをしたその日のうちに審査が終了し、借り入れ可能なところもあります。急ぎでお金が必要な場合には、キャッシング会社に申し込みをするというのは、大変便利に使えますね。

Copyright © 2008 キャッシング審査の比較